矯正歯科の業務に特化した自費診療用の電子カルテ

視覚的にできるエラスティックの入力操作

文字情報だけでは表現しにくいゴム掛けの表現も、視覚的に素早く入力でき、閲覧時にも理解の助けになります。
色を設定することでしっかり区別ができます。

歯式の入力、処置内容の入力も定型文からクリックで入力

極力キーボードの入力を減らすための定型文選択をサポート。
クリックで処置内容の入力ができます。定型文は単語でも文章でも自由に登録する事ができ、カテゴリーで分類して探しやすくすることも可能です。もちろん自由入力も対応しています
また、歯式の入力もクリックで行えます。

写真・ファイルの整理

写真やファイルのドラッグ&ドロップでのアップロードをサポート。撮影方向をカテゴリ分けすることができ、それぞれの撮影方向ごとに時系列で確認することができます。

これまでパソコンのフォルダやパワーポイントに貼り付けていた写真もカルテ内で一元管理することができます。

画像だけでなく、PDFやstlファイルなど形式を問わずアップロードが可能です。

※当システムは自費診療のみ対応しています(レセコン機能はありません)

Web問診票

初診の患者様に、ご来院前に事前に問診票の入力をお願いすることができます。当日の入力の手間が省けるのでスムーズにご案内できます。
問診票の項目は自由に設定可能です

料金・分割支払い計画

治療費の設定と、分割支払いの計画を立てる事ができます。計画とは別に治療当日にかかった費用は別途カルテ入力欄で入力できます。

予約表(スタッフ用)

患者様の次回予約を他の予約状況を見ながら設定できます。Googleカレンダーのようにドラッグ&ドロップで簡単に入力することができます。
スタッフ・ユニットの予定も登録することができます。

日別・月別売上

来院時の料金を設定すると、日別・月別で確認することができます。

領収書発行

領収書をPDFで発行します。領収書は明細あり、明細なしが選択できます。

5枚法表示

カルテに登録した写真を5枚法で表示することができます。表示位置は自由にカスタマイズ可能です

Oassisのメリット

紙のカルテからの移行もスムーズ

カルテの電子化では機能が複雑で手書きに比べむしろ操作の手順が多くなってしまうことが多々起こってしまいますが、Oassisはシンプルな操作で入力ができるよう工夫しました。また、カルテの一覧画面も紙のカルテからの移行がスムーズに行えるように紙のカルテに近い表示になっています。

インストール不要の完全クラウド型電子カルテ

インターネットがつながっているPCやタブレット・(一部画面)スマートフォンで表示できるので、専用のPCのご準備は不要です。
カルテのデータもクラウド上のデータベースに保管されるので、インストール型と違いハードディスクが壊れてデータが消失する心配もありません。

また、スタッフやユニットごとにアカウントを発行できるので、部屋が分かれていても情報共有ができます。

スマートフォンで閲覧・写真アップロード

一部の画面(2021年1月時点)でスマートフォンでの表示に対応しています。出先で予約状況を確認したり、患者様の検索やカルテの確認をすることができます。またスマートフォンで撮影した写真を直接アップロードすることができます。過去の資料やどうしても手書きが必要な場合などにご利用頂けます。

追加料金なしで改善・アップデート

システムの機能追加や改善も随時行い、オンラインで自動的にアップデートされるのでインストールなどの作業は不要です。常に最新版を追加のコストなしでご利用いただけます。

バラバラに保管されている患者様の情報を一元管理

カルテは紙、写真はPC、予約情報は予約システム、患者の分析情報は分析システムと院内のいろいろな場所に保管されているデータを一元管理することで、患者情報を探す手間とそれぞれのシステムに毎度アクセスする手間をなくすことができます。

翌日の分のカルテの準備が不要

当日・翌日に来院する患者様の一覧がHOME画面に表示されていますので、すぐに表示することができます。翌日の準備の手間がなくなります。
また検索機能を使えばするにお探しの患者様を見つけることができます。

<お読みください>

※当システムは自費診療のみ対応しています(レセコン機能はありません)

比較的小規模のクリニック様に向けて提供しております。チェア数が多い大規模なクリニック様の場合、業務として必要な機能が足りていない場合もございますのでご了承ください。
ご要望による機能追加も、基本的には小規模のクリニック様に向けての開発を優先させていただいております。

※クラウドシステムの特性上、常に最新版をご利用頂けます。開発する機能はすべてのクリニック様に提供されることになるため、個別のクリニック様に向けた独自仕様の機能開発は行っておりませんが、複数のクリニック様で同じようなご要望を複数頂戴した場合は全体最適な形で提供させていただいております。

※新機能の開発・使い方の細かい改善などは継続して行っております